麻花雲

順暢雲

劇情介紹

近々パリに進出する予定の有名ファッションブランド「ケン・モトムラ」。 そのオーナーであり人気デザイナーでもある元村健(國広富之)が、何者かにボウガンで襲われる。 幸い大事には至らなかったが、もし彼の身に何かあれば「ケン・モトムラ」ブランドの パテント(特許)管理をしている電王堂にも多大な損害が及ぶ。 黒川會長(梅宮辰夫)は只野(高橋克典)を呼び出し、 いったい誰が何の目的で元村を襲ったのか調べるよう特命を下す。 20年前に勤めていた服飾メーカーから獨立し「ケン・モトムラ」ブランドを立ち上げた元村は、 それまで大して目立った活躍もなかったが、 10年前に突然、斬新なデザインを発表して一躍業界の注目を集めた。 しかし、その陰険な性格や強引なやり口から敵も多く、 今回のパリ進出に関しても同業者からはかなり嫉妬の目で見られていたという。 そこで只野は電王堂のパリ支社から派遣された通訳・シャルル青木に変裝し、元村に接近する。 彼は小百合(中澤裕子)を妻に持ちながら、アシスタントの篠原エミリ(穂花)とも深い関係を続けており、 エミリの元彼・宇佐美(大沢樹生)から激しく恨まれていた。 そんな折、再び元村が襲われる。 現場に駆けつけた只野は襲撃した犯人を追いかけるが、惜しくも取り逃がしてしまう。 一方、森脇(永井 大)の調査により、元村と暴力団との黒い関係が浮かび上がってきた。 彼はこれまで自分に不都合なスキャンダルが発覚しそうになると、彼らにもみ消しを依頼していたようだ。 必殺の流し目でエミリを落とした只野は、元村が「真実を公表しろ。さもないと命はない」 という脅迫メールを受け取っていたことを突き止める。 さらに森脇によれば、ちょうど「ケン・モトムラ」が注目され始めた10年前、 元村のアシスタントをしていた水森裕子という女性が會社を追われ、自殺していたらしい。 行きつけのゲイバーのママ、マヤ(はるな愛)からも 「このデザインは絶対に男のデザインではない」と指摘され、 只野は元村が死んだ裕子のデザインを盜用し、 それを知った人物から強請られているのではないかと疑いを深める。 そんな折、エミリが何者かに殺されてしまう・・・!! 複雑に絡み合う難事件の真相に、はたして只野はたどり着くことができるのか・・・!?

留言評論

返回頂部

Gimy.TV 劇迷 | Telegram頻道